アカンサス・イリキフォリウス

インドからマレーシア、フィリピン、オーストラリア北部、南アフリカに分布している。   オヒルギなどと同様、マングローブの泥沢地に生え、2 mほどになるが、下草の中に生える灌木である。   マングローブ林がなくなったところでは優占種となる。

一本の木に二種類の形の葉があり、下部の葉は先の尖った長楕円形であるが、上部の葉はヒイラギに似ており、鋭い棘がある。

1月から5月ごろ、枝先の穂状花序に薄紫色または白色の花を咲かせる。

分 類: キツネノマゴ科アカンサス属
学 名: Acanthus ilicifolius
和 名: ミズヒイラギ (水柊)
英 名: Holly mangrove
原 産: ---
生活型: 常緑小低木
RDB : ---
植栽場所:水生植物室 (水路の中)
acanthus-ilicifolius01 acanthus-ilicifolius02
acanthus-ilicifolius03