キフゲットウ
ゲットウAlpinia zerumbetの葉に黄色の斑がはいる園芸品種である。
15から30 cmの総状花序を伸ばし、花軸から短い花柄を出し苞に包まれた2,3個のつぼみを付ける。  若い花軸は珊瑚色をしており斑入りの葉に映える。  開花に際し、まず先端部が紅色に色づいた花序 を包む皮が開き、先端がピンクの苞が現れる。  つぼみは順次咲く。  花は蘭のように黄色に朱色の入った唇弁が発達し、白の地に映える。
分 類: ショウガ科アルピニア属
学 名: Alpinia zerunbet "Variegata"
和 名: キフゲットウ (黄斑月桃)
英 名: Variegated Shell Ginger
原 産: インド
生活型: 常緑多年草
RDB : ---
植栽場所:ハワイアンハウス
kifu-getto01 kifu-getto02
kifu-getto03 kifu-getto04
kifu-getto05