ゴールデンハート
熱帯雨林に生える森林着生植物で、高さが2 mほどになり、幅は2 m位に広がる。   シダのような切れ込みの有る大きな茎を伸ばすので、英名はFernleaf Cactusである。
花は白色で細い赤紫がかった萼片を持ち、直径は20 cmほどであるが基部からの長さは40 cmほどもある。   多数の金色の長いオシベを持ち、小種名はこれにちなみ金色を意味するchryso-および心臓と関係する組織,器官を意味する-cardiumよりchrysocardiumである。
月下美人の仲間であるが、冬咲きである。  夕方5時過ぎに開花し始め深夜2時頃満開になるが翌早朝にはしぼみ始める。   短命の一夜花であるが、多数のつぼみを付け順次開花する。
果実は球形で黄色く熟し、多くの棘を持つ。
分 類: サボテン科セレニケレウス属
学 名: Selenicereus chrysocardium
(Syn. Marniera chrysocardium, Epiphyllum chrysocardium)
和 名: ゴールデンハート
英 名: Fernleaf Cactus
原 産: メキシコ
生活型: ---
RDB : ---
植栽場所:中南米産植物温室
goruden-hato01 goruden-hato02
goruden-hato03