シンテンチ (新天地)

温暖で半日陰を好み、乾燥した地域に単独で生える。  成長は非常に遅い。   日射に対する耐性は高いが、夏期の強い日射は成長を遅らせる。

茎はくすんだ緑もしくは青みがかった緑の球形で、直径40 cm、高さ90 cmほどになる。

刺は、中刺が1本から3本、縁刺が10本から15本からなり、共に3 cmから4 cmである。   中刺、縁刺共に黄褐色から赤褐色で、先端は色が濃く、経時的に灰色になる。

成長期の間、繰り返しピンク色を帯びた白色の花を咲かせる。  花径は2 cmから3 cmである。

果実は丸い液果で、赤く熟し、裂けて小さな黒褐色の種を出す。

ワシントン条約 付属書2に収載されている。

分 類: サボテン科ギムノカリキウム属
学 名: Gymnocalycium saglionis
和 名: シンテンチ (新天地)
英 名: Giant chin cactus
原 産: アルゼンチン北部
生活型: ---
RDB : ---
植栽場所:中南米産植物温室
shintenchi01 shintenchi02
shintenchi03 shintenchi04
shintenchi05 shintenchi06
shintenchi07 shintenchi08