アリサンヒメバラン
名前は台湾の阿里山に産することに由来する。 阿里山は、大塔山(2663m)を最高峰とする台湾嘉義県にある 阿里山国定公園を形成する15の山々の総称である。
中国南部、ベトナム、台湾に分布し、熱帯雨林や広葉樹林などに成育する。 高さは30から50 cmになる。 4月から6月ごろに花茎を伸ばして総状花序をつけ、7月から9月に明るい青色の実を付ける。
分 類: ユリ科シマバラン属
学 名: Peliosanthes arisanensis
和 名: アリサンヒメバラン (阿里山姫葉蘭)
英 名: ---
原 産: 台湾
生活型: 常緑多年草
RDB : ---
植栽場所: 中央ヤシ室
arisan-himebaran01 arisan-himebaran02
arisan-himebaran03 arisan-himebaran04