モモイロバナ マユハケオモト (桃色花眉刷毛万年青)

白花のマユハケオモト(Haemanthus albiflos)と赤花のアカバナマユハケオモト(Haemanthus coccineus)の交配種である。

春から夏にかけて、オモト(万年青)(Rohdea japonica (Thunb.) Roth)のように、先端の丸い多肉な葉の間から、太い花茎を伸ばす。   花茎は10 cm から20 cm程度になり、ピンクの苞の間から多数の小花を咲かせる。  マユハケオモトとは異なり花径に軟毛はない。   小花は当初かたまって咲くが、徐々に広がり7cmほどの刷毛のように咲く。  淡いピンクの雄しべは花弁よりつきだし、黄色い葯と共に目立つ。

同コーナーには、白花の 「マユハケオモト」もある。

分 類: ヒガンバナ科ハエマンサス属
学 名: Haemanthus albiflos x H. coccineus
和 名: モモイロバナ マユハケオモト (桃色花眉刷毛万年青)
英 名: Pink-flowered White blood lily
原 産: 南アフリカ
生活型: 球根植物
RDB : ---
植栽場所:多肉植物室
momoirobana-mayuhake-omoto01 momoirobana-mayuhake-omoto02
momoirobana-mayuhake-omoto03 momoirobana-mayuhake-omoto04