サルビア・インボルクラータ (ローズリーフセージ)
サルビア・インボルクラータは森林の周縁部など日陰に生え100から150cmになる多年草である。
葉は5から10cmの卵形で対生する。  葉柄および葉脈は、花や苞葉と同系統の赤紫である。
種小名involucrataが目立つ苞を意味するように、茎の先端に目立つピンク色の丸い苞を付ける。   苞葉は対になっており、各々に3つのつぼみが入っている。   つぼみの付いた茎が伸びつぼみがが膨らむと苞葉は脱落する。  花は6つずつ順次下から上へと咲く。
分 類: シソ科サルビア属
学 名: Salvia involucrata Cav.
和 名: ローズリーフセージ
英 名: Roseleaf Sage
原 産: ---
生活型: 多年生草本
RDB : ---
植栽場所: サンギャラリー
salvia-involucrata01 salvia-involucrata02
salvia-involucrata03 salvia-involucrata04
苞の中につぼみが見える
salvia-involucrata05 salvia-involucrata06
salvia-involucrata07 salvia-involucrata08
苞の中につぼみが見える
salvia-involucrata09
苞の脱落痕が見える