アキレア・クリソコマ

ギリシア産の多年草で、バルカン半島(アルバニア、ブルガリア、マケドニア、ギリシャ)の1900 m以上の亜高山帯に分布する。   乾燥した荒地にかたまって生える。  地下茎は分岐し、茎は立ち上がる。   草丈は40 cm程度にまでなる。  茎も葉も、密に絹様の毛に覆われていて、葉は銀灰色に見える。   6月から8月に5 mm程度の黄色の花をつける。

分 類: キク科アキレア属(ノコギリソウ属)
学 名: Achillea chrysocoma Friv.
和 名: ---
英 名: ---
原 産: ギリシア
生活型: 多年草
RDB : ---
植栽場所:西花卉室
achillea-chrysocoma01 achillea-chrysocoma02