シバザクラ (芝桜)
シバザクラの名は、芝のように地表をおおい、桜のような花をたくさん咲かせることに由来する。   庭や公園のグランドカバーとしてよく植えられる。  日本各地に、桃色の小さな花が地面を覆うように咲く名所がある。
シバザクラの葉は小さくて細く尖っており、硬いのでさわるとチクチクする。   茎は匍匐し、よく分枝して広がり、一株で50cmくらいまで広がる。
花は長い筒部を持つ5弁花で、平開する。  花の径は2cmほどで、各花弁は浅く2裂する。   萼片は皮針形で花筒部を包むよう癒合し、先が5裂し尖っている。   シバザクラは葉の上方に花を咲かせるため、群生地では満開時に見事な花のジュウタンとなる。   葉と同様に、萼は先が細く尖っている。
花色は非常にバラエティーに豊み、白、ピンク、藤色などがあり、色の濃淡の幅もある。   また、品種によっては、白い縁取りやすじ模様が入るものもある。
ハナツメクサ(花詰草・花爪草)の別名もある。
分 類: ハナシノブ科フロックス属
学 名: Phlox subulata L.
和 名: シバザクラ (芝桜)
英 名: Moss Phlox
原 産: 北アメリカ西部
生活型: 常緑多年草
RDB : ---
植栽場所:アメリカ産植物見本園
shibazakura01 shibazakura02
shibazakura03 shibazakura04