グランサムツバキ
1955年の大帽山(香港九竜半島)で発見された貴重種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに登録されている。
他のツバキより一足早く10 月から12 月に大輪の咲かせる。   花は7弁から10弁で500本以上のオシベを有し、平開し直径10 cmから17 cmとなる。   蕚苞は灰褐色で、結実後も落下しない。
花が大型であるため、種間交雑の親としてしばしば用いられる。
分 類: ツバキ科ツバキ属
学 名: Camellia granthamiana Sealy
和 名: ---
英 名: Grantham's Camellia
原 産: 香港
生活型: 常緑低木
RDB : 国際自然保護連合
植栽場所:中国産植物園林
granthams-tsubaki01 granthams-tsubaki02
granthams-tsubaki03