ヒメユリ (姫百合)

日本、台湾、中国、朝鮮、ロシアアムール州に自生する。   日当たりのよい山地や草原に自生する。   日本では、本州(東北地方南部以南)から四国、九州の山地や草原に分布しているが、沖縄には自生していない。

茎は直立し、高さは30 cmから80 cm、時として100 cmになる。

葉は無柄で多数が互生する。  葉身は披針形で、長さ5から10 cm、幅5から7 mmである。   先端は鋭頭で、葉縁に半円形の微少な突起がある。  両面無毛である。   鱗茎は白色の卵形で、高さが1.5 cmから2 cmであり、少数の白色の鱗片が付く。

6月から7月にかけ、茎先に総状花序を形成し、1個から5個の花を付ける。   生育の良いものでは、1株に10輪以上の花を咲かせる事もある。  花は星形で、上向きに咲く。   花は、子房を除き、花弁から雄しべ雌しべまで、カロテノイド色素により、全て鮮やかな朱赤色である。   花弁の基部には多数の濃い赤褐色の斑点がある。   しかし、花色は種々の変種により緋赤色から橙赤色まで、色合いや濃淡に幅がある。   花は一見6弁花に見えるが、外側の萼片(外花被片)と内側の花弁(内科被片)に別れる。   それぞれの花被片は倒披針形で、長さ3から4 cm、幅1から1.5 cmであり、その基部にはそれぞれ1本ずつの雄しべが付き内外合わせて計6本の雄しべが付く。   各々の葯は花糸に対してT字状に付く。  花柱は子房より短かく、先端の柱頭は3裂し粘着生である。

個体数がもともと少なかったものと思われるが、生育地である草地の減少や園芸目的の採取が深刻であり、近い将来における絶滅の危険性が高い種(絶滅危惧1B類(EN))となっている。

沖縄県糸満市には、沖縄陸軍病院第三外科が置かれた壕の跡に立つ慰霊碑「ひめゆりの塔」がある。   看護要員として徴用され沖縄戦で亡くなったひめゆり学徒227名の鎮魂のために、1946年に建立されました。   「ひめゆり」は学徒隊員の母校、沖縄県立第一高等女学校の校誌名「乙姫」と沖縄師範学校女子部の校誌名「白百合」に由来し、植物のヒメユリとは関係がない。

分 類: ユリ科ユリ属
学 名: Lilium concolor Salisb.
和 名: ヒメユリ (姫百合)
英 名: ---
原 産: ---
生活型: 多年草
RDB : 環境省カテゴリー絶滅危惧1B類(EN)
植栽場所:日本庭園
hime-yuri01" hime-yurii02