コブクザクラ
春と秋から冬にかけて、1年に2回開花する。   花は小輪〜中輪、八重咲きで白色〜淡紅色で、散りぎわには花芯が赤味を帯びる。   葉はやや小型の 狭長楕円形または卵状楕円形で、縁には欠刻状重鋸歯がある。   属名Prunus (サクラ属)は、ラテン古名のplum (すもも)が語源であり、和名は、釣鐘状の萼筒のなかには雌しべが7 - 8個あり、ひとつの花から1 - 3個の果実 をつけることに由来する。
分 類: バラ科サクラ属
学 名: Prunus x kobuku-zakura Ohwi
和 名: コブクザクラ (子福桜)
英 名: ---
原 産: 本州
生活型: 落葉高木
RDB : ---
植栽場所:桜の園、也有園
kobuku-zakura01 kobuku-zakura02
kobuku-zakura03 kobuku-zakura04