エゴノキ

エゴノキは日本全国の雑木林に成育し、高さは7 mから8 m程度になる。   谷沿いなど、比較的水分のある所で良く成長する。  あまり特徴のない樹木である。   樹皮は平滑で赤褐色ないし黒褐色で、きめが細かい。   葉は両端のとがった楕円形で互生する。

5月後半から6月にかけて枝先に芳香のある白い花を多数つける。   花は2.5 cm程度で花柄が長く下向きに咲く。   雄しべは10本で、大きな黄色い葯を付け、純白の花びらに映える。   花期は短いが、清楚な感じがするので庭木にもよく使われる。   基本種は白花であるが、園芸品種にはピンクの花を咲かせる 'ピンクチャイム' (Styrax japonica 'Pink Chimes')もあり、庭木に重宝される。

梅雨時期になると奇妙な形をした緑色の小さな房のような虫こぶを枝先に付けることがある。   これは、エゴノネコアシと呼ばれ、エゴノネコアシアブラムシが寄生して出来る。

秋には長さ2cmほどの楕円形の果実を付け、大きい種子を1個含む。  果皮に有毒なエゴサポニンを多く含む。   植物全体にサポニンを含んでおり、その味が「えぐい」ので、エゴノキと名前がついた。

分 類: エゴノキ科エゴノキ属
学 名: Styrax japonicus Siebold & Zucc.
和 名: エゴノキ
英 名: Japanese snowbell
原 産: 日本全土、朝鮮、台湾、中国
生活型: 落葉高木
RDB : ---
植栽場所:ハーブガーデン、星ヶ丘広場
egonoki01 egonoki02
egonoki03 egonoki04
egonoki05 egonoki06